こんにちは、塾長の林です。

インフルエンザが流行ってきているようです!

手洗い、うがい、マスク着用など自分でできる体調管理はきちんとしましょう!

さて、テストも終わり中学生はこれまで習った単元の復習を中心に取り組んでいます。

1年生は正負の数だったり、方程式だったり、2年生は1次関数だったり、連立方程式だったり、それぞれ頑張っています。

きちんと復習を頑張っていきましょう!

 

さて、頑張る!と言うのは大体のお子さんが言ってくれます。

そこで、、、

今日は教育コーチングの観点で「頑張る!」に対する親の声がけをご紹介したいと思います。

特にテストの後は勉強の意識が高いので、悪かった子は「次は頑張ります!」、良かった子は「次はもっと上を目指します!」と言ってくれます。

私はそんな言葉を聞くと本当に嬉しくなります!

ただ、子ども達の「頑張ります!」は、これだけでは心の負担感があり、具体的な行動が起きにくいそうです。

より、具体的で力強い行動を引き出すためには、「頑張る!」を具体的な行動にほどく必要があります。

お子さん「次はもっと頑張るよ!」

親御さん「嬉しいね〜!頑張るっていうのは具体的に何をする?」

お子さん「毎日、計算問題を解くよ!」

親御さん「計算問題をやるんだね!どのくらいやろうか!」

お子さん「そうだな〜、5ページはやるよ!」

親御さん「いつまでにやる予定?」

お子さん「夜ご飯までにはやるようにするよ!」

親御さん「嬉しいね〜!応援してるよ!」

このように、具体的な行動にほどいてあげることで、行動に繋がりやすくなります。

「頑張るよ!」

「よし、頑張れ!」

にとどまらない行動支援が大切なので、私も意識をして子ども達に接していこうと思います!

 

受験生の保護者の皆様へ

これからお子様は、前向きな状態、後ろ向きな状態が混ざる不安定な精神状態になるタイミングがあります。

テスト結果で一喜一憂は当たり前、先週学習したことを忘れてしまい、自分の能力に自信が持てなかったり、現実逃避の気持ちになったりするかもしれませんが、勉強のことはお任せいただき、ご家庭ではお子様のありのままの姿を暖かく見守ってくださいませ!

お子様の頑張りを信じてください!

 

「友だち登録」をしていただけるとブログ更新ごとにLINEで通知いたします!

友だち追加
———————————————————————————————————

さいたま市で「わかるまでできる」学習塾をお探しなら

自立学習の個別指導 「埼玉松陰塾 武蔵浦和校」へお気軽にお問い合わせください!

担当 : 林

お問い合わせフォームはこちら
お電話でのお問い合わせ : 048-789-7401
Eメールでのお問い合わせ : info@saitamashowin-musashiurawa.com
———————————————————————————————————