こんにちは、塾長の林です。

だんだんと寒くなってきて、室内の乾燥を感じてきましたので加湿器を出しました!

さて、昨日から内谷中、田島中、笹目中の期末テスト前のフリータイムが始まりました。(3年生は先週からですが・・・)

ほとんどの生徒が参加してくれ、まずまずの集中空間になりました。

まだまだ、学校のワークをこれからという1・2年生が多いですが、1週間前には理解できるように進めて欲しいと思います。

そこから「スペシャルプリント」に取り掛かることができれば、得点upは確実です!

勉強に関しては、本当に努力は裏切らないので最大努力ができる人になりましょう!

 

今回の範囲に関して・・・

1年生 数学

方程式の文章題、比例、反比例(変化と対応)です。

(笹目中は図形もあり)

中間テスト範囲の、方程式の計算問題ができていることを前提にした文章題ですから、計算問題からしっかりとやることはもちろんです。

次にショウインの方程式②③の文章題に取り組み、パターンを学んでください。

食塩水の問題、人数の問題、年齢の問題、原価の問題など覚えるべき「式の立て方」が詳しく説明されていますので、理解が浅い生徒は学校のワークであれこれ悩むより、まずはショウインをヒントを見ながら解いてください!

次に、変化と対応ですがこちらも、理解が浅い生徒はショウインをヒントを見ながら解いてください。いきなり学校のワークに取り掛かって、ぜんぜんわからず苦労している生徒は必ずショウインから始めるように!

基礎力をつけたら学校のワークに取り掛かり(基礎力が付いているので解くスピードが速くなっているはず)ましょう。そこでわからない「B」や「C」の問題はどんどん質問しましょう!

2年生 数学

平行線と角、合同条件です。

今まで数学の方程式を含む計算が苦手だという生徒はチャンスだと捉えてください!

平行線の錯角、同位角、対頂角をきちんと学べば、計算自体は易しい問題が多いです。気づくか?諦めるか?ではなく、問題数をやればこちらもパターンがありますので、計算が苦手な生徒でも得点しやすい単元になります。

平行線と角、合同ともにショウインの「幾何 基本・演習」で基本を学んだら、どんどん学校のワークに取り掛かりましょう。この単元は補助線を適切な場所に書けるか!が鍵となりますので、紙教材でどんどん仕上げていきましょう!

合同条件は、当たり前ですが覚えないとダメですよ!

3月から始まる北辰テストでも配点7点の大きな問題です、部分点も狙えるのでしっかり覚えるようにしましょう!

 

中間テストで悔しい思いをした生徒さん!

まだまだ理解できないかもしれないですが

やるべき時に自分を奮い立たせることができるかどうか!

これは生きて行く上でとっても大事な能力です!

勉強ができる事なんて個性の一つで、できないからって劣等感を持たなくたっていいですが、やるべき時に逃げていては人の役には立てません!

テスト勉強を「自分を奮い立たせる訓練」と捉えて、周りを幸せにできるような役に立つ人間になって欲しいです!

受験生の保護者の皆様へ

これからお子様は、前向きな状態、後ろ向きな状態が混ざる不安定な精神状態になるタイミングがあります。

テスト結果で一喜一憂は当たり前、先週学習したことを忘れてしまい、自分の能力に自信が持てなかったり、現実逃避の気持ちになったりするかもしれませんが、勉強のことはお任せいただき、ご家庭ではお子様のありのままの姿を暖かく見守ってくださいませ!

お子様の頑張りを信じてください!

———————————————————————————————————

さいたま市で「わかるまでできる」学習塾をお探しなら

自立学習の個別指導 「埼玉松陰塾 武蔵浦和校」へお気軽にお問い合わせください!

担当 : 林

お問い合わせフォームはこちら
お電話でのお問い合わせ : 048-789-7401
Eメールでのお問い合わせ : info@saitamashowin-musashiurawa.com
———————————————————————————————————