こんにちは、埼玉松陰塾 武蔵浦和校 塾長の林です。

今日は埼玉県公立高校の合格発表日です。

当塾は昨年末オープンなので3年生はいませんが、友人の家には受験生のお子さんがいる家庭が多いので気になる一日です。

四半世紀以上前のことですが思い出しますね〜!

私は、残念ながら第一志望の県立高校には行けませんでした。

同じ中学からその県立高校を受けたのは6人だったかな?

2人落ちたうちのひとりが私でした。

ただ、なぜか落ち込まなかったんですよね!

やりきった気持ちが強かったんです!

進学先の都内私立高校は通っていた中学からは私ひとりしかいなかったので、不安な気持ちで通うことになりました。

都内の私立高校なので、埼玉県、東京都、千葉県、神奈川県から生徒が集まります。

最初はカルチャーショックを受けました。今みたいにネットで簡単に情報が手に入る時代ではなかったので、自分が住んでいる周りくらいしか判断材料がなかった中学生が、全然違う環境で育った子供達と一緒になるのです。

ただ、その分、公立高校に通っていた友人達と比較していろいろな経験が出来ましたし、行動範囲が広くなったので良い高校時代でした。

後から思えば、その県立高校を受けることで両親が喜んでくれるのがモチベーションだったのですが、自分から本気で行きたい!という子供には勝てなかったのでしょう!

その経験から大学は人からの見た目ではなく、小さいけれど雰囲気の良い大学を見つけて「ここで4年間過ごしたい!」と思える大学に進学しました。

 

すみません!完全に中身の無い私の思い出話になってしまいました(笑)

 

何が言いたいかというと、どんな結果であれ、これで将来が決まるわけではありません!

人生はこれからです!

キラッキラッの高校生活を演出するのは自分です!

そして、「なりたい自分」を目指していこう!

 

今の中2の生徒さんは、やりきった!と思える取り組みを、そして自分が行きたい!って思える高校探しをしてください。

キラッキラッの中3生活を演出するのは自分ですから!